鈴木病院
HOME > 部署案内 >放射線

部署案内

 各部署の案内をしています。
リハビリ
 

放射線部について

 当院では現在、診療放射線技師2名の体制で業務を行っています。医師の指示の下、安心・安全な検査を理念に日々業務に励んでいます。365日24時間の検査が可能です。

画像診断機器

・単純X線撮影装置
・マルチスライスCT装置
・オープン型MRI装置
・透視撮影装置 ・ポータブルX線撮影装置
・外科用イメージ



マルチスライスCT

オープン型MRI


特色について

 平成19年に現在の場所への病院移転に伴い、単純X線撮影装置・マルチスライスCTなどを導入し、平成25年7月にはオープン型MRIを導入しました。オープン型MRIは筒型ではなく横が開けているので圧迫感が少なく、さらに放射線を使用しないので小児やお年寄りの方でも安心して検査を受けていただけます。
 検査で撮影された画像はデジタル画像となり、PACSという記録装置に電子的に保存し、各診療室のPCで簡単に閲覧することが出来ます。  CT、MRIの画像を週1回、大分医大の放射線科の先生に読影していただき、電子カルテに読影レポートを作成しています。
 平成27年度からの電子カルテの導入で、より迅速で正確な検査を効率的に行うことが出来るようになりました。