鈴木病院

部署案内

各部署の案内をしています。
リハビリ

看護部

【看護部理念】

 「患者様の立場に立った思いやりのあるやさしい看護を提供します」

【基本方針】

1.患者様の安心・安全・安楽・安定・安寧を念願にケアを行います。
2.ケアにおいてはチームメンバーと支え合うより良い協働を実践します。
3.「恕」の心を大切な礎とし、チームワークを高めます。
4.患者様の尊厳を重視し抑制をしないケアを提供します。
5.専門職としての実践力の向上に努め、資質向上に努めます。


看護理念
基本的態度について、
朝礼時に唱和し意思統
一をはかっています。

【教育システム】

根拠のある実践ができる看護師の育成のため、実践体験型PBL(Project-based learning)を取り入れています。

line

●看護部長あいさつ

患者様の立場に立った思いやりのある看護を提供します

『病めたれば、ひがむ心のまいにちを、笑顔でながす 白衣のこころに、 いろんなこえかけのひとことに、やさしさうける 白衣のこころに。お目にかかるのを楽しみに通わせていただきます』と、最近、患者様からいただいたお言葉に、スタッフ一同励まされております。
 「患者様の立場に立った思いやりのある看護を提供します」の看護理念のもとに、スタッフで支え合いながらチーム運営しています。他職種の支えもあり感謝の限りです。様々な働き方をうまく調整し、急な休みにもみんなで工夫して助け合い対応してくれています。それぞれの負担感が少なくなるように、工夫しながらですが、まだ、改善が不可欠です。スタッフの個々人のホスピタリティと暖かい思いやりで、礎を築いているところです。
 昨年は、夜勤手当などの改善を行っていただき、増員の為の募集をしております。新人さんも大歓迎です。キャリアにかかわらず、一緒に働いて下さる看護師・准看護師・看護助手の募集を行っております。働き方はその方の生活を基に話し合い、入職時に決めています。
 救急告示をしておりますので、急性期の患者様も比較的多く、内科疾患の患者様の入院が多いです。また、消化器の肛門外科・ラパコレなどの手術・泌尿器科の経尿道的手術も行っています。いろんな経験・研鑽ができると思います。就学支援も行っております。まずは、是非、ご相談、見学においでください。

 また、昨年開園した保育園では、復帰した看護師・事務・臨床工学士のお子さん、連携企業のお子さんの園児5名を5名の保育士でお世話させていただいています。病児保育も登録数も増え、利用も時々ございます。定員7名の小さな保育園ですが、保母さん達は、様々な「キャリアを持っており、子供のメンタル、知育に強みがあるようです。栄養士もいるので、栄養面での工夫もしていただいています。
 看護も保育も、大事にしている言葉は「恕」。お互いを認め合い、支え合うという意味の言葉です。そして、「看護は、すべての患者に対して生命力の消耗を最小限度にするよう働きかける」ナイチンゲールの言葉、この<看護の基本を実践する>ことです。 暖かいケアのできるチーム作りに参加しませんか? お問い合わせは、いつでも大丈夫です。

H31.1
鈴木病院 看護部長
日本看護協会認定
認定看護管理者 第422(H31更新)
岩尾 英美

【プロフィール】
昭和50年 大分県立杵築高校卒業
昭和53年 国立京都病院付属看護助産学校看護科卒
平成16年 産能大学経営経済学部経営経済学科通信教育課程卒
平成20年 日本看護協会認定 認定看護管理者(第422)
岩尾 英美

■ H30年度 看護部管理運営のテーマ<専門職としての自律とケアの充実>line

【平成30年度の目的】

 看護職一人一人が患者さんの観察を十分に行い、看護ケア・サービスを充実させることで、専門職としてのやりがいを高める。
<目標>
1.チーム体制を整え、ひとりひとりの患者さんの観察・ケアを充実させることができる。
2.一人ひとりが、役割を理解して、自信を持って看護を展開できる。

【教育目的】

 専門職としての倫理観を持ち、看護に必要な知識、技術、態度の習得をし、根拠のある看護実践ができる人財を育成する。
<教育目標>
1. 当院に必要な専門的な看護領域における知識・技術を習得できる。
2. PBLを推進し、プロジェクトチームメンバーと協同して、問題解決することで専門職としてのスキルアップに繋げる事ができる。

line

<新人看護師さんも頑張りました>
採血・吸引等の診療補助に関しては、DVDや協会から借りたお人形を活用して、勉強・練習(OFF-JT)からの始まりで。実技は、ほかのスタッフの腕を借り(^^)患者さんへ関わるようになりました。
病棟では、慢性期の患者さんの患者さんからの看護から始め現在は、夜勤もこなしています。OP介助にも入るようになりました。礼儀正しく、配慮ができる、笑顔が素敵な、患者さんから慕われる看護師になりました。
今からは、専門的知識・技術を深めていきます。 最近、同年代の看護師が2名入り、励みになっている様子。

  新人看護師
line

【月に1回の病棟会と勉強会】第3水曜日

 H26.3月から、6グループのプロジェクト活動を開始しています。各グループで、問題点を洗い出し、整理して、目標設定と年間計画を立てて進めています。ぼちぼちペースですが、それぞれが責任を持って、仲良く進めています。1年後の成果が楽しみです。勉強会チームは、他職種の協力を得て、機器の取り扱い・移動技術の研修等企画しています。全員が看護協会に入会しており、グループに関連したテーマの研修を2つ以上受けるのも目標の一つです。   新人看護師
 入職された、看護師・看護助手さん達もそれぞれに経験は様々ですが、病院のシステムに少しづつなれ、仲良く勤務ができています。業務改善や様々な課題はありますが、時間をかけ、自分たちで解決してゆきます。病棟会の締めに、院長先生も参加していただけます。スタッフからの要望事項等お話しし、スタッフとの意見交換、対策決定等につながっています。
栄養士
栄養士による看護助手教育
リハビリ
リハビリスタッフによる移動・移乗の演習

おむつ交換
ユニチャームアドバイザーによる
オムツ交換の演習と実技指導

臨床工学技士
臨床工学技士による機器講習会

言語聴覚士
言語聴覚士による摂食嚥下講習会

薬剤師
薬剤師による勉強会